ここから本文です

サムスン電子の幹部ら、朴前大統領の裁判証言拒否…47分で終了

7/10(月) 16:45配信

WoW!Korea

朴槿恵(パク・クネ)前大統領(65)の裁判に証人として採択されたサムスン電子のイ・ジェヨン副社長(49)らサムスン電子の関係者らが証言を全員拒否した。

 イ副会長をはじめ、チェ・ジソン前サムスン未来戦略室長(副会長)、チャン・チュンギ前サムスン未来戦略室次長(社長)まで全員が証言を拒否し、10日午後に開かれた朴前大統領の裁判は47分で終了した。

 彼らはソウル中央地裁でこの日午後、おこなわれた朴前大統領と崔順実(チェ・スンシル)被告(61)裁判で証人として出席し、証言拒否権を行使した。

 さらにこの日、初法廷対面が予定された朴前大統領とイ副会長の対面は、朴前大統領が足の指の負傷を理由に出席せず不発となった。

 まず最初に証言したイ副会長は「証人が捜査過程で作成した調書が陳述通りに記載されたかどうかについて証言拒否権を行使するのか」という特検側の質問に「はい」と答えた。

 続けて特検は朴前大統領との単独面談当日である昨年2月15日から17日まで、チェ・テウォンSKグループ会長とメールや電話をやり取りした内容が19件確認されているとし、その内容について質問した。

 するとイ副会長は「私が法廷で真相究明のために誠実に答えたいというのは本心だ」とし「しかし弁護人の強力なアドバイスに基づき、証言をできないようだ。円滑な裁判運営に役に立つことができず誠に申し訳ない」と答えた。

 またイ副会長に続き、証言に乗り出したチェ前副会長とチャン前社長も証言を拒否した。

最終更新:7/10(月) 16:45
WoW!Korea