ここから本文です

青藍泰斗、ドラフト候補右腕・石川146キロ好救援で初戦突破

7/10(月) 14:20配信

デイリースポーツ

 「高校野球・栃木大会1回戦、青藍泰斗3-1那須清峰」(10日、宇都宮清原球場)

 昨秋県4強の青藍泰斗が競り勝ち、2回戦に進出した。

 今秋ドラフト候補の最速149キロ右腕・石川翔投手(3年)が、1点リードの八回2死一塁から2番手で登板。3球団のスカウト陣が視察する中、1回1/3を無安打無失点の好救援で試合を締めた。

 2日の練習試合で左足首をねんざ。万全とはいえない状態だったが、最速は146キロを計測した。エースとしてチームを初戦突破に導き「気持ちしかないです。さすがに、ここで負けられない」と安どの表情を浮かべた。

スポーツナビ 野球情報