ここから本文です

からくさホテルズ、11月に大阪なんば、2018年1月に札幌に新ホテルをオープン、予約受付開始

7/10(月) 12:30配信

Impress Watch

 からくさホテルズは、11月1日に全112室の「からくさホテル大阪なんば」、2018年1月22日に全177室の「からくさホテル札幌」を開業することを発表し、予約受付を開始した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 からくさホテルは観光客向けの宿泊特化型ホテルで、アクセスに便利な立地や、和モダンのインテリアがこだわり。また、コネクティングルームを多く確保し、シャワーブースと洗面台、トイレを独立させるなど、家族連れなどの多人数での利用に対応できる設備を備えている。

 11月1日に開業するからくさホテル大阪なんばは、道頓堀や心斎橋筋商店街まで徒歩5分圏内という大阪らしさを満喫できるロケーション。客室は全112室で、うち64室がコネクティングルームとなっており、ルームタイプの内訳はツイン(19~21.7m2)が31室、3名利用可能なツイン(19.4~21.4m2)が80室、アクセシブルルームが1室となっている。

からくさホテル大阪なんば

開業予定:2017年11月1日
所在地:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-9-13
建築規模:地上9階、延床面積3531.8m2
館内施設等:客室全112室(うちコネクティングルーム64室。ロビー・フロント、セーフティボックス、レストラン、喫煙室、ランドリーコーナー、自販機コーナー、宅配便、荷物無料預かり、館内バリアフリー、障がい者用駐車場

 2018年1月22日に開業するからくさホテル札幌は、同社が初めて関西圏以外で運営するホテルとなる。札幌の狸小路商店街に面した立地で、すすきのや大通り公園にも近い。客室は全177室で、うち110室がコネクティングルーム。部屋の内訳は、ツイン(21.5~21.9m2)が99室、3名利用可能なツイン(21.5~25.0m2)が55室、ダブル(16.1m2)が11室、和室(25.0m2)が11室、アクセシブルルーム(18.6m2)が1室となっている。

からくさホテル札幌

開業予定:2018年1月22日
所在地:北海道札幌市中央区南三条西 5-24
建築規模:地上13階、延床面積7174.5m2
館内施設等:客室全177室(うちコネクティングルーム110室)、ロビー・フロント、セーフティボックス、レストラン、喫煙室、大浴場・湯上りラウンジ、ランドリーコーナー、自販機コーナー、宅配便、荷物無料預かり、館内バリアフリー、タワーパーキング(28台)

 料金は両ホテルとも1万円から(大阪なんばは朝食無料)。現在、からくさホテル大阪なんばは11月1日~2018年3月31日、からくさホテル札幌は2018年1月22日~6月30日の宿泊予約を受け付けており、同ホテルの主要顧客であるファミリー層向けに、大人数の自撮りでも全員を写真に収めやすくなるスマホ用の広角レンズ付きプランを提供している。

 からくさホテルズは現在、関西圏に「からくさホテル京都I」「からくさホテル大阪心斎橋I」「からくさスプリングホテル関西エアゲート」を運営しており、両ホテルの開業が4軒目、5軒目となる。

 同社は今後、2019年春に東京都に60室規模のホテル、2019年夏に大阪府に400室規模のホテルを開業する予定のほか、東京都、千葉県、北海道にそれぞれ1ホテルずつを開業し、2019年以降に全10ホテル、1473室を展開していく予定としている。

トラベル Watch,編集部:多和田新也

最終更新:7/10(月) 12:30
Impress Watch