ここから本文です

【個別インタビュー】「L.A.U」、3rdシングル「FAKER」発売決定&全国ツアー開催中! 「僕たちをもっとたくさんの方に知ってもらいたい」

7/10(月) 19:04配信

WoW!Korea

2016年2月「Break Ya! 」で日本デビューし、オリコンウィークリーシングルランキング 5位を記録。同年6月からはアーティスト名を、以前の「LU:KUS」とファンの名称である「AND U」の頭文字をとって、「L.A.U」として再スタート。

【画像】「L.A.U」、個別インタビュー

 同年 10月の2nd シングル「She‘s Got Me」に続いて2017年9月6日には待望の3rdシングル「FAKER」の発売が決定している。そのプロモーションのため、現在全国ツアーを展開中で、9月24日には初の赤坂BLITZでの単独公演も控えており、活発な日本活動を予告している。東京から始まった全国ツアーの準備の合間をぬって、インタビューに応じてくれた「L.A.U」。初めての全国ツアーや夢だった赤坂BLITZ公演、新曲についてなど語ってくれた。


―9月6日に3rdシングル「FAKER」が発売になりますね。こちらはどのような雰囲気の曲ですか? 
チョイ:“FAKER”という単語の意味が「分からない」という感じですよね。だから、僕は彼女を本当に愛しているけれど、彼女の心は分からないという内容です。一時は「あ、僕のこと好きなのかな? 」と思っても、また違う時には「あ、やっぱり違うのかな? 」と思ったり。歌詞はそんな内容です。
ドンヒョン:そしてダンスのコンセプトは仮面ですね。
チョイ:はい、そうです。仮面をコンセプトにして、顔を手で隠すような振り付けがあります。それが彼女や僕たちの顔、心、表情が分からないという意味を持っています。

―初披露した時のファンの皆さんの反応はいかがでしたか? 
ドンヒョン:ダンスでセクシーなウェーブをする部分がありますが、そこでファンの皆さんが「キャ~! 」と大きい声を出してくれました。それから「いいメロディですね」とも言ってくれました。
チョイ:本当にいい曲だねと言ってくれました。

―新曲「FAKER」のこの部分を特に聴いてほしいというポイントを教えてください。
キョンジン:最後のパートで「君はFAKER」という部分があります。曲のタイトルも「FAKER」なので、その部分は重要だと思います。
ドンヒョン:全体的に歌詞とメロディがいいです! 

―レコーディング当時特に気をつかった部分はどこですか? 
ドンヒョン:韓国語バージョンと日本語バージョンをレコーディングしましたが、今回の曲は日本語バージョンの方がスムーズに終わったんです。韓国語バージョンは3、4時間かかったのに、日本語バージョンは1時間半で終わりました。
チョイ:はい、早かったですね。
キョンジン:でもやっぱりいまだに「つ」、「ず」とか発音に苦労する部分はありましたね。
チョイ:はい、レコーディングの時も「『つ』、気をつけてね」と言っていました。それからキョンジンは韓国語バージョンの時メロディをつかむのに苦労していたけど、次に日本語バージョンを録る時はすごくうまくやっていました。韓国語バージョンがたくさん勉強になったのだと思います。全体的に今回はあまり大変なことがなく、順調に進んでいった感じですね。
キョンジン:そうですね。前作の「She’s Got Me」よりもスムーズに終わりました。

―MVはどのような雰囲気に仕上がりましたか? 
ドンヒョン:今回は大阪で2日間MVを撮影しました。ドラマティックな感じだったので、それが難しかったです。演技をたくさんやりました。
チョイ:前作の「She’s Got Me」はダンスを見せる感じですが、今回はダンスよりも演技を見せる部分が多いです。

―MV撮影時のエピソードを教えてください。
キョンジン:演技が本当に難しくて。泣くシーンもあるんですけど、これは秘密ですが、僕は人工の涙を使いました(笑)
チョイ:でもドンヒョンさんは本当の涙を流しましたよ。
ドンヒョン:はい。集中していろいろなことを考えて感情を作りました。
チョイ:僕はカメラが左側にあったんですけど、なぜか涙が右目からしか出なくて、左目から出なかったんです。それで監督さんが「見えないな…」と言って。それで結局人工の涙を使いました(笑)
ドンヒョン:面白かったです(笑)
チョイ:それから僕は悲しくて花束を地面に投げつけるシーンがあるんですが、花束なんですけど中の花だけがスポッと抜けたことがあって。それが面白かったです(笑)それから今回も大阪のOSM(大阪スクールオブミュージック専門学校)の学生さんが全部場所やストーリーを考えてくれたんです。曲ももらいましたので、韓国に帰ってレコーディングした後、「FAKER」と一緒に今後披露したいと思います。

―大阪では自由時間はありましたか? 
ドンヒョン:道頓堀でショッピングしました。ズボンを持っていていなくて買いました(笑)
キョンジン:たこ焼きとかラーメンを食べました。
チョイ:お好み焼きを食べました。
ドンヒョン:チョイさんはお好み焼きに似ていますね。
チョイ:僕がですか? (笑)
ドンヒョン:はい、チョイさんのニックネームは“お好み焼き”です。今急に思いつきました(笑)

―メンバーの皆さんが作詞や作曲をした曲が増えてきていると思います。作詞はどのようにするのですか? 
キョンジン:時間とかは決めていなくて、生活していく上で浮かんだことを携帯にメモしています。
ドンヒョン:僕も思いついたら携帯にメモしていく感じです。あとは誰かの音楽を聴いていたら、その中の感情に浸っていて突然単語が浮かんできたりします。その時は天才かも、と思います(笑)すみません(笑)
チョイ:僕もバスに乗っている時とか、寝る前とかに浮かんだことを蓄積していっている感じです。自身の経験も大事だと思います。でもたぶん作詞をする人は、歌詞を作ろうと思って書くのはよくないと思います。普段の生活の中で思いつくことを歌にするのがいいと思います。
ドンヒョン:僕の中にいる違う人が突然出てくることがあります。その時天才かもと思います(笑)

―東京から全国ツアーが始まりました。札幌から福岡まで、さまざまな場所に行かれますが、どんな姿をお見せしたいと考えていますか? 
ドンヒョン:正直北海道は初めてなので、緊張しています。うまくできるかなとか考えますけど、でも僕たちはきっとできると思うので、一生懸命頑張ります! 各都市でいい思い出を作りたいです。
チョイ:東京は僕たちを知っていて、好きな方が多く来てくれますが、他の都市ではよく知らない方もいらっしゃると思います。他の都市でもただ僕たちのありのままの姿をお見せして、好きになってもらえたらうれしいです。僕たちの歌、ダンス、面白いところ、面白くないところも(笑)全部見せて、他の都市でも僕たちを好きになってくれる方が増えてくれることが僕たちの希望であり、目標です。
キョンジン:どんな場所に行ったとしても、その時その時を一生懸命にやればいい結果が出ると思います! 

―そして9月24日には赤坂BLITZでのライブも決定していますね。とても大きな会場での公演になりますが、お気持ちはいかがですか? 
ドンヒョン:とても有名な公演場ですよね。そこで公演をするのが夢だったので緊張もしますが、とても楽しみにしています。僕たち自信がありますから! 男です! (笑)
チョイ:初めて聞いた時はすごくうれしかったです。そしてもっと一生懸命頑張らなくてはという気持ちになりました。僕たちは5人で活動していましたが、今は3人でやっています。この3人で赤坂BLITZのステージに立つというのがまた意味があることだと思います。

―最後にリリースイベントやライブを楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いいたします。
ドンヒョン:僕たちの全国プロモーションツアーがスタートしました。北海道、大阪、福岡などたくさんまわりますので、初めて知ったという方にもぜひ応援していただきたいです。これから日本での活動がたくさんありますので、赤坂BLITZでのコンサートまで、ぜひ来てください。皆さんの応援が必要です、頑張ります! そして「FAKER」もたくさん愛してください! 
キョンジン:僕たちが初めて全国ツアーをやります。そのためにたくさん準備しましたので、ぜひ来てください。僕は赤坂BLITZを満席にすることが目標なので、一生懸命頑張ります! 皆さんも僕たちを覚えてください! 
チョイ:ファンの皆さんがいるからこそ僕たちがいます。今回のプロモーションで僕たちの新しい姿を見せたいと思っているので、期待してください! 愛してる! 


 リラックスした雰囲気で率直に今回のプロモーション活動について語ってくれた3人。
初の全国ツアー、そして夢だった赤坂BLITZのステージに対する熱い思いが感じられた。ことしの夏は「L.A.U」の飛躍の時になるに違いない。

最終更新:7/10(月) 19:04
WoW!Korea