ここから本文です

プーチン氏が日本の出展視察=ロシア最大の産業見本市

7/10(月) 15:26配信

時事通信

 【エカテリンブルク(ロシア中部)時事】ロシア中部エカテリンブルクで10日、同国最大規模の産業見本市「イノプロム」が開かれた。

 日本は今年の「パートナーカントリー」に選ばれており、日本の168企業・機関が参加する「ジャパン・パビリオン」を出展。プーチン大統領が視察した。

 プーチン氏は、日本政府代表としてイノプロムに出席した世耕弘成経済産業相とともにパビリオンを訪れ、展示されたオートバイや産業用ロボットなどについて日系企業関係者から説明を受けた。

 安倍晋三首相がプーチン大統領に昨年提案した日ロの8項目の経済協力プランには「ロシアの産業多様化・生産性向上」が盛り込まれている。日本側はプーチン政権が力を入れるイノプロムで日本の産業技術をアピールし、経済協力を通じて北方領土交渉の環境整備を図りたい考えだ。 

最終更新:7/10(月) 23:50
時事通信