ここから本文です

16年の水害被害、4620億円=国交省

7/10(月) 15:29配信

時事通信

 国土交通省は10日、2016年の全国の水害被害額(暫定値)を発表した。

 被害合計額は約4620億円。過去10年間では、紀伊半島での大水害などがあった11年に次いで2番目の大きさだった。

 被害額が大きかったのは、北海道や東北地方で堤防が決壊して浸水被害が発生した昨年8月の台風10号(約2819億円)と、九州で6人の死者が出た昨年6~7月の梅雨前線による豪雨(約401億円)。 

最終更新:7/10(月) 15:35
時事通信