ここから本文です

自民都連会長「後任は選挙で」 都選出国会議員が要望書

7/10(月) 19:18配信

朝日新聞デジタル

 自民党東京都連の下村博文会長の辞任表明を受けて、平将明衆院議員(東京4区)ら都内選出の衆参国会議員5人が10日、後任を国会議員や地方議員、一般党員が参加する選挙で決めるよう求める要望書を同党都連に提出した。

 要望書では、街頭演説会や公開討論会などの実施を提言。都議選惨敗からの党勢立て直しに向け、「党員の意見や声に耳を傾ける必要がある」と指摘した。平氏は取材に「『都連はブラックボックスだ』との批判がある中、反転攻勢のためにも開かれた党をアピールして決めるのが大事だ」と語った。

朝日新聞社