ここから本文です

<加計問題>「印象操作」空振り 前川氏、追及に淡々と

7/10(月) 21:52配信

毎日新聞

 「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、10日に行われた国会の閉会中審査で、与党側からは参考人招致された文部科学省の前川喜平前事務次官に対する攻撃的な質問が相次いだ。前川氏は時折強い言葉を選びながらも冷静な受け答えを繰り返した。発言内容の信ぴょう性を低下させようとする与党側の「印象操作」をかわした格好だ。【遠藤拓、大場弘行】

【お互いの視線は…】加計問題 閉会中審査の写真特集

 「天下り問題で引責辞任した前川氏に質問する」「不正な天下り事件に関わって辞めたことは公然の事実」。この日質問に立った衆参両院の自民党議員2人は、いずれも「天下り」という言葉を持ち出しながら前川氏や文科省の対応に疑問を呈した。

 これに対し、前川氏は午後の質疑で、文科省OBでもある内閣官房参与だった加計学園理事から獣医学部新設に向けた速やかな対応を求められたものの応じなかったと説明。「OBから現役への働きかけこそが天下りの弊害だ。私は政策判断には影響させなかった。そんたくとか、審査を甘くするとか、そうしたことはすべきでない。天下り問題と、獣医学部の問題を結びつけるのは誤りだ」と切り返した。

 民進党の蓮舫代表は、菅義偉官房長官が5月下旬の記者会見で、前川氏が「地位に恋々としがみついていた」と指摘したことを取り上げた。菅氏が「せめて定年期限の3月末まで続けさせてほしい」との前川氏の意向を報告されたとした上で「当然、自らお辞めになるべきだろうと言った」と説明すると、前川氏は「どこで間違っているか分からないが、その経緯は全く事実に反する」と語気を強めて反論した。

 衆参両院で計約7時間の長丁場となったこの日の審議。前川氏は自身の発言を安倍政権追及につなげたい野党側の思惑にも必ずしも乗らず、たびたび「私からは説明できない」などと述べた。淡々とした口調が目立ち、答弁に慣れた官僚らしさも垣間見えた。

 出会い系バーへの出入りを「女性の貧困の実地調査」と説明したことを丸山穂高衆院議員(日本維新の会)から指摘されると、「言葉遣いは適切でなかったかもしれない」と答えた上で「(官邸の動向と)読売新聞の記事は連動していると主観的に感じ取った」と主張した。文科省の内部文書について「流出元では」と平井卓也衆院議員(自民)からただされると「答えを差し控える」とかわした。

 前川氏は「こういった形で、政府部内で何が起こったのか調べようという動きは歓迎すべきことだ」と述べ、国会を後にした。

最終更新:7/10(月) 23:51
毎日新聞