ここから本文です

【2歳馬チェック(中京)】シンデレラメイク 圧勝でヒロインへの階段上る

7/10(月) 10:20配信

スポニチアネックス

 9日、中京競馬場5Rで行われた「メイクデビュー中京」(芝1400メートル)は、中谷雄太騎手騎乗のシンデレラメイク(牝2=鮫島厩舎、父ディープブリランテ、母プリンセスメイク)が5馬身差の圧勝でデビュー戦を飾った。

 中団に控えたシンデレラメイク。4コーナーで内を突いて進出するとあっさり先頭に。あとは差を広げるのみだった。5馬身差の2着にはタムロリバティが入り、さらに1馬身半差の3着にはクナップフラウが入った。勝ちタイムは1分22秒4(良)。

 父はディープブリランテ、母はプリンセスメイクという血統。鞍上の中谷は「追ってからの反応が良かったし、最後も手応えに余裕があった」と絶賛し「掛かるところがないので、距離が延びても大丈夫だと思う」と精神面も評価した。

 次走注目は5着ケイティノーブル。終始外を通る苦しい展開。幼さを表に出す走り方で、レースに慣れて競走能力を発揮すれば勝利する機会は巡ってくるはず。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ