ここから本文です

海老蔵、麻央さんへの思いを巡らせる「今日は特に麻央をそばで感じました」

7/10(月) 17:44配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が10日、更新した一連の公式ブログで、6月22日に34歳の若さで死去した妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんへの思いをたびたび巡らせている。

【写真】海老蔵ファミリー 家族4人の記念写真

 「人の心に残る」と題した投稿では「人の心に残るとは、生きている間にどう生きたか どう接したかに関係すると感じてます。日々麻央から多くを学んでいます。ダメな私ですが すこしづつなにかわかり出してるのかもしれません、」と、海老蔵はじめ、多くの人の心にその存在を残した麻央さんからの学びをつづっている。

 毎朝のトレーニングを報告した投稿では「欠かさず来てくれるトレーナーさんに感謝。麻央がいなくなり舞台もハードであることを理解してくれる 心と体を支えてくれてます。人との出会いは宝です、感謝。」と、愛妻を失った傷心を支えてくれるトレーナーへの感謝を記述。

 人間ドックで麻央さんの左乳房に腫瘤が発見され、医師にがんの可能性が五分五分と言われた、という麻央さんのブログの英訳についての投稿は、「あの時の俺に私は教えてあげたい、」と、深い思いを込めた短い一文。

 昼の部の出演を終えた後の投稿では、「今日は特に麻央をそばで感じました。」と記している。