ここから本文です

錦戸亮主演「ウチの夫は仕事ができない」2桁発進 初回11・2% 

7/10(月) 9:29配信

スポニチアネックス

 関ジャニ∞の錦戸亮(32)が主演を務める日本テレビ「ウチの夫は仕事ができない」(土曜後10・00)が8日に10分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は11・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。

 錦戸の日テレ連ドラ主演は初。仕事ができないちょっと残念な夫が、妻と協力して仕事に奮闘する、笑って泣けるお仕事ホームドラマ。錦戸が会社のお荷物社員・小林司、夫を支える妻・沙也加を松岡茉優(22)が演じる。脚本はフジテレビ「ファーストクラス」やNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」などで知られる渡辺千穂氏が担当。オリジナル作品を手掛ける。演出は「金田一少年の事件簿」「ごくせん」「14才の母」「ハケンの品格」「家政婦のミタ」などの佐藤東弥氏ほか。

 初回は、イベント会社に勤める司(錦戸)は容姿・学歴・収入ともに申し分ない理想の夫。しかし、実際のところは会社でミスを繰り返すお荷物社員で、自分を尊敬する妻・沙也加(松岡)にだけはその事実を知られたくないと思っていた。厳しい上司・土方(佐藤隆太)率いる新しい配属先で、強い風当たりに耐えながら、司は一生懸命、仕事に打ち込む。ひょんなことから退職を迫られるピンチに立たされ、その矢先、沙也加の妊娠が発覚する…という展開だった。