ここから本文です

フジ日9「警視庁いきもの係」初回健闘8・9% TBS日曜劇場に肉薄

7/10(月) 9:30配信

スポニチアネックス

 俳優の渡部篤郎(49)が主演、女優の橋本環奈(18)がテレビドラマ初ヒロインを務めるフジテレビ「警視庁いきもの係」(日曜後9・00)が9日に15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は8・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。

【写真】エプロン姿の橋本環奈

 フジの日曜午後9時のドラマ枠は昨年4月に3年ぶりに復活。復活後の初回視聴率は16年4月クール「OUR HOUSE」=4・8%、同7月クール「HOPE~期待ゼロの新入社員~」=6・5%、同10月クール「キャリア~掟破りの警察署長~」=7・9%、17年1月クール「大貧乏」=7・7%、同4月クール「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」=6・9%。復活後は今回が最高の出足となった。

 また、裏番組のTBS日曜劇場「ごめん、愛してる」(日曜後9・00)も9日に25分拡大でスタートし、9・8%。苦戦続きだったフジ日9がTBSの看板枠・日曜劇場に0・9ポイント差と肉薄、健闘した。

 警視庁総務部総務課・動植物管理係、通称・いきもの係(架空の部署)の鬼警部補・須藤友三(渡部)と新米巡査・薄圭子(橋本)が、動物の生態を基に事件解決に奔走する異色のコメディーミステリー。原作は、映画「名探偵コナン から紅の恋歌」(今年4月公開)の脚本なども手掛ける作家・大倉崇裕氏の「小鳥を愛した容疑者」「蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係」「ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係」「クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係」。初回の脚本「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」「みんな!エスパーだよ!」などの田中眞一氏。初回の演出は「ハッピー・マニア」「1リットルの涙」などの木下高男氏。

 初回は、ある事件で銃弾を頭部に受け、負傷した警視庁捜査一課の敏腕刑事・須藤(渡部)は復帰後、いきもの係に配属となる。そこは、逮捕・勾留された容疑者のペットを保護・世話する部署。巡査・圭子(橋本)のみが所属し、ほかに事務員の弘子(浅野温子)と受付係の弥生(石川恋)がいた…という展開だった。