ここから本文です

水が直撃!? 東京ディズニーリゾートの夏は「海賊祭り」で盛り上がれ

7/10(月) 21:10配信

ねとらぼ

 東京ディズニーリゾートでは7月11日から「夏」が始まります。熱い夏にぴったりの「びしょぬれ」イベントが用意されており、東京ディズニーランドでは日本の夏をディズニー流にアレンジした「ディズニー夏祭り」が、東京ディズニーシーではディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズをテーマにした初めての「ディズニー・パイレーツ・サマー」が開催されます。

【画像】ステラ・ルーのショー

 夏祭りを取るか、それともジャック・スパロウの夏を取るか――どちらにせよ、タオルに着替えにスマホの水ぬれ対策は必須です!

●今年も東京ディズニーランドに「夏祭り」がやってきた!

 まずは東京ディズニーランドでびしょぬれの夏祭りを体験しましょう。エントランスをくぐるとそこにはやぐらが。映画「ファンタジア」に登場するほうきたちが楽しく踊っています。シンデレラ城の前には和太鼓をたたくドナルドたちが。「和」のテイストとファンタジーが同居する、不思議な空間になっています。

 今年のディズニー夏祭りのメインイベントはパレードルート/シンデレラ城前で開催される「燦水(さんすい)! サマービート」。“さんすい”という文字通り、大量の水を浴びながら楽しめるプログラムです。ミッキーたちがチームを組んで、それぞれのダンスを披露します。もちろん、水をバンバンかけながら!

 毎年警告していますが、必ず「荷物を入れるビニール袋」「雨ガッパ」、そして「スマホを入れる防水用具」を持参のこと! 周りを見回して甘く考えている方がいたらそっとビニール袋を分けてあげてください。きっと感謝されるはずです。

●東京ディズニーシーが海賊に襲われる!

 東京ディズニーシーでは今年初めて、「ディズニー・パイレーツ・サマー」が開催されます。中央のメディテレーニアンハーバーには、さまざまなフォトロケーションが用意されています。アトラクション「カリブの海賊」で、有名なあの牢屋のシーンを再現することも可能です。当日はこのフォトロケーションだけでなく、東京ディズニーシーならではの背景を生かしてポーズを取る学生さんがいっぱいいました。

 そしてそのメディテレーニアンハーバーでは、キャプテン・ジャック・スパロウやバルボッサが登場する「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」が開催されます。右へ左へ、これまたとにかくぬれるぬれる。みんなで楽しめる、愉快なショーです。

 さらに見逃せないのは、ロストリバーデルタの「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」で夕方から開催される「パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタ」。バルボッサ海賊団のメンバーで結成された愉快な海賊楽団が登場し、宴を繰り広げます。

 ここでは海賊をイメージしたスペシャルセットだけでなく、ビアカクテルやテキーラトマトカクテルなど、イメージに合わせたさまざまなメニューが味わえます。ドクロの形をしたスペシャルランチは写真映えが素晴らしいです。

●新しいお友達も、古くからのお友達も

 この夏の東京ディズニーリゾートは「夏祭り」「パイレーツ」だけではありません。東京ディズニーシーでは新しいお友達、ダンサーになることを夢みるウサギの「ステラ・ルー」がステージデビューを目指しています。大きなS.S.コロンビア号横にあるドックサイドステージでは、ステラ・ルーが登場するグリーティングショー「ステップ・トゥ・シャイン」がスタートします。夢に向かって努力するステラ・ルーを、ミッキーたちが応援。皆さんもぜひ、声援を送ってあげてください。ディズニーの仲間に新たに加わった、東京ディズニーシーが誇る「応援したくなる努力家」のウサギさんです。

 さらに、東京ディズニーランドの夜を彩る光と音のパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」が、2001年のスタート以来4度目のリニューアルをします。7月11日からは新たに「アナと雪の女王」のアナとエルサを乗せた氷のフロートが登場します。それ以外にも、シンデレラのユニットに新たなフロートが追加されるだけでなく、2011年のリニューアル以来の「美女と野獣」のユニットが復活。LEDを採用しより輝きを増した姿で帰ってきます。

●2パークそれぞれ、個性が違う夏を楽しめる

 2017年夏の東京ディズニーリゾートは、これまで以上に“差がある”イベントになりました。ジャック・スパロウが好きだという方ならばもう東京ディズニーシーに行くべきですし、ミッキーをはじめとするディズニーの仲間たちに会いたければ、東京ディズニーランドの夏祭りはぴったりです。

 そしてどちらのパークも、そろいの「海賊姿」や「夏祭りスタイル」で仲間と楽しむことができます。やっぱりこういった「ハレ」の日は、こころから楽しむに限ります。でもしっかりルールは守って、防水用具をお忘れなく!

最終更新:7/10(月) 21:10
ねとらぼ