ここから本文です

【2歳勝ち馬診断】ディープ産駒の黄金配合ミッキーマインド…今後の成長に注目

7/10(月) 11:32配信

スポーツ報知

【ミッキーマインド(牡、栗東・音無秀孝厩舎)、父ディープインパクト、母マイグッドネス、馬トクPOG指名者数175人】

 8日の中京5Rの2歳新馬(芝1600メートル、8頭立て)は、前半1000メートル62秒7のスローペースを、4番手から追走した1番人気ミッキーマインド(牡、栗東・音無秀孝厩舎=ディープインパクト産駒)が、直線で逃げたロードマドリードを首差かわしてデビューVを飾った。勝ち時計は1分37秒6。

 一杯に追われた1週前の栗東坂路で51秒7。勝負時計をマークしていた本馬だったが、その際、同じ2歳馬に手応えで劣り、さほどインパクトを感じさせなかった。結果的には、それよりさらに動きが冴えなく映った、ロードマドリードとのワンツーフィニッシュなのだから、ディープインパクトの金看板には逆らうなということなのか。

 福永は「怖がりだが、馬体はすごくいい」とコメント。

 直線は物見をしたこともあって、推進力がやや上に抜ける走り。それでいてしっかり勝ち切るのだから、脚力は並ではない。今後集中力が出て、追って体が沈めば、切れ味は増すだろう。キズナ、アユサン、サトノアラジン、エイシンヒカリ、リアルスティールを出した「ディープインパクト×ストームキャット」の配合。半兄にJBCスプリント・G1など重賞9勝を挙げたダノンレジェンド(父マッチョウノ)がいる。「距離はこれくらいがいい。ダートもこなせそうな走り」という鞍上の手応えを聞く限りでは、現状クラシックのイメージはないのだろうか。復帰は秋以降ということで、今後の成長と次走のレース選択を注視したい。(大上 賢一郎)

最終更新:7/10(月) 12:40
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ