ここから本文です

寮で死亡の男性、2日前に病院搬送「警察には関係ない」

7/10(月) 22:58配信

朝日新聞デジタル

 愛知県警は10日、同県碧南市志貴崎町4丁目の建築会社の寮で住人の会社員中島健詞さん(43)が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されたと発表した。中島さんは全身に複数の打撲痕があったという。一方、中島さんは8日夕にも寮の前で倒れており、この時は警察官に「警察には関係ない」と説明していたという。県警は事件と事故の両面で調べている。

 発表によると、10日午前3時過ぎ、寮の住人女性が1階の共同リビング兼食堂で、右ほおを下にしてうつぶせに倒れている中島さんを発見。知らせを受けた寮長が119番通報をした。県警の司法解剖の結果、死因は多発外傷による出血性ショックで、10日午前1時半までに死亡したと推定されるという。

 中島さんは8日に倒れた後、病院の検査で異常がみつからなかったため、寮に戻っていた。県警は10日に改めて事情を聴く予定だったという。

朝日新聞社