ここから本文です

ヤクルト・山中 6回途中2失点でKO 今季初勝利またもお預け

7/10(月) 20:01配信

デイリースポーツ

 「巨人-ヤクルト」(10日、東京ドーム)

 ヤクルトの先発・山中が六回途中、2失点で降板。今季初勝利はならなかった。

【写真】逆転を許し、ぼう然とグラウンドを見つめるヤクルト・真中監督

 山中は好調の巨人打線を相手に四回まで2安打無失点。五回、先頭の亀井に二塁打を許すなど1死三塁のピンチを招いたものの、後続を打ち取り、山田の2ランによるリードを保ち、勝ち投手の権利を得た。

 ところが六回。2死から坂本に左前打を許すと、阿部には四球を与え、一、二塁。ここで村田に初球を右前適時打されると、さらに亀井にも中前へタイムリーを浴びて、同点。ここで無念の降板となった。

 今季、ここまで0勝4敗。今季初白星はお預けとなった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 19:00