ここから本文です

ビートたけし、横山やすしさん伝説を語る たけしと洋七を引き合わせた

7/10(月) 20:02配信

デイリースポーツ

 タレントのビートたけし(70)が10日放送のTBS系「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」で、伝説の漫才師・故横山やすしさんの破天荒な紹介で親友のタレント・島田洋七(67)と出会ったことを明かした。

【写真】“たけしの娘”で話題の女子アナ、カンテレからテレ東へ転職!

 「東京にB&Bが出てきた頃だった。横山やすしさんが『たけし、大阪の面白いの、俺はコイツだと思うんだけど』って言って、洋七には『東京で一番面白いのはコイツだって思う』って言ってくれたんですけど」と、やすしさんは東西で目をかけていたたけしと洋七を引き合わせようとしたという。

 「錦糸町の駅前で待ち合わせして。そこへ横山やすしさんはテレビ局の車で、ホテルに行く車なのに、ハイヤーを乗りっ放しで、錦糸町までTBSの方から来ちゃって。『お前ら乗れ乗れ』つって。『紹介しとくぞ、こいつが洋七で、こいつがたけしだ。仲良くしろ、お前ら!』とか言って」と、マイペースで2人を引き合わせた。

 やすしさんが2人を連れて行ったのは「千葉県に行く高速道路に乗って、千葉県でなんか海の物でも食わせんだろうって行ってみたら、すごい国道沿いの、毎日食堂って、長距離トラックの運転手がアジのフライしか食わないところ」。「そこでビールとそれ(アジフライ)で、『じゃあな!』って帰っちゃったんですよ」と、2人を置き去りにしていったという。

 「2人合わせて1200円くらいしかないんですよ。どう考えたって高速も乗れないし。下でヒッチハイクっつったって、ヒッチハイクの場所がないでしょ」という窮地に陥ったたけしと洋七。

 破天荒なやすしさんの行動だが、「トボトボトボトボ歩きながら、錦糸町の方かなあ、お互いに芸のこととかいろいろ話しながら帰ってきたのが最初ですね」と、たけしと洋七の友情のきっかけとなったという。