ここから本文です

【群馬】高崎東・広神4安打3打点!本塁打でサイクルも「意識していなかった」

7/10(月) 16:13配信

スポニチアネックス

 ◇群馬大会2回戦 高崎東7ー4伊勢崎興陽(2017年7月10日 桐生)

 高崎東の1番打者・広神大輔中堅手が5打数4安打3打点と爆発し、勝利に導いた。

 1点を追う初回、同点の呼び水となる中越え三塁打を放つと、以降の打席は右前打、右翼線二塁打、二ゴロ、左前打。本塁打が出ればサイクル安打達成だったが、「サイクルは意識していなかった。(後ろに)つなごうという意識だったので」と強調。

 西目光司監督は「1点取られた後にすぐ長打を打ってくれた。広神は思い切りがあって積極性がありところがいい」と称えた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 17:15