ここから本文です

【MLB】J.レスターがまさかの初回10失点KO、カブス借金2で前半戦終了

7/10(月) 11:53配信

ISM

 シカゴ・カブスは現地9日、地元でピッツバーグ・パイレーツと対戦。エース左腕ジョン・レスター投手が1回途中までに10失点してノックアウトされるまさかの展開となり、3対14と大敗した。

 レスターは初回に味方のエラーも絡んで1死満塁のピンチを迎えると、3連続タイムリーを許して5失点。さらに2死満塁からフランシスコ・セルベリ捕手に満塁ホームランを浴びると、続くアンドルー・マカチェン外野手にもソロアーチを打たれ、キャリア最短となる2/3イニングで降板となった。6安打、3四球、10失点(自責点は4)で6敗目(5勝)を喫したレスターは「恥ずかしい」とコメントした。

 カブスはこの敗戦で勝率5割復帰を逃し、43勝45敗で前半戦を終えた。ワールドシリーズを制覇した昨季が53勝35敗だっただけに今季のもたつきが顕著だが、ジョー・マッドン監督は「まだ大丈夫。選手たちを信じている」とオールスター明けの巻き返しを誓っていた。(STATS-AP)

最終更新:7/10(月) 11:53
ISM

スポーツナビ 野球情報