ここから本文です

【MLB】C.カーショーわずか99球で完投勝ち、S.コーファックス以来の前半戦14勝

7/10(月) 13:58配信

ISM

 ロサンゼルス・ドジャースは現地9日、地元でカンザスシティ・ロイヤルズと対戦。エース左腕クレイトン・カーショー投手が6安打、無四球、13奪三振、2失点で9イニングを投げ抜き、5対2で勝利した。カーショーは両リーグトップの14勝目(2敗)。

 ドジャースの投手が前半戦で14勝を挙げたのは、殿堂入り左腕サンディ・コーファックスが1966年に15勝して以来のこと。カーショーが先発した今季19試合でドジャースは14勝2敗と圧倒的な勝率を誇り、ここ13試合のカーショーは10勝0敗、防御率1.98、被打率.187と圧巻のピッチングを続けている。

 わずか99球で完投勝利を収めたカーショーは「いい前半戦の締めくくりだった。相手はアグレッシブにバットを振ってきていたから球数も少なく済んだ。今週はブルペンが働きすぎてたから、彼らに休みを与えられてよかった」と語っていた。(STATS-AP)

最終更新:7/10(月) 13:58
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(土) 6:05