ここから本文です

酒井藍、音楽花火ショーデートは「じゃあ、今別府さんと行きます」

7/10(月) 21:23配信

スポーツ報知

 吉本新喜劇で史上初の女性座長に就任する酒井藍(30)が10日、大阪・北区のうめきたガーデンで行われる音楽花火ショー「うめきたファイアーリュージョン」の開催発表会見に出席した。

 酒井の座長就任を記念し、お笑い界で花火に精通する笑い飯・哲夫(42)が音楽花火ショーを監修。おなじみの「吉本新喜劇のテーマ」、「ドレミの歌」の2曲約5分間で85発の花火が上がる。ビルに囲まれ、火薬使用量などの制限がある中で、曲に合わせて最高10メートルの高さまで花火が上がる演出となっている。

 ショーを見た酒井は「座長就任をお祝いして花火を上げていただいて、ホンマに感謝しかない。興奮しました、30歳の夏!」と感激。哲夫も「都会で花火を上げるのはいろいろ制約がある中で、貧相な感じにはしたくなかった。『藍ちゃん、おめでとう』の気持ちを込めた」と話した。

 「デートにええどー!」という酒井だが、肝心の相手は見つからず。誰と来るのか聞かれ、「家族になるのかなあ。あと、新喜劇メンバーとも来たいです」と言うと、哲夫からは「今別府とかどう?」と、同じく吉本新喜劇所属で独身の今別府直之(45)を勧められ「じゃあ、今別府さんと行きます」と苦笑いしていた。

 また、同所では世界的な庭園デザイナーである石原和幸氏がプロデュースした都市型庭園など50種類10万株の花も楽しめる。花火ショーは14日から8月31日(8月5日除く)まで行われる。酒井の座長就任公演は、7月26日から31日まで、大阪・なんばグランド花月で行われる。

最終更新:7/10(月) 21:23
スポーツ報知