ここから本文です

DMM.comがクラブ馬主に 目玉は1億6000万円のリアルスティール全妹 今月下旬にも募集開始

7/10(月) 22:24配信

スポーツ報知

 ネットメディア大手で幅広く事業展開する「DMM.com」が、新たにクラブ馬主として参入することが10日、明らかになった。今年4月にJRAの馬主登録が完了し、金融庁の認可も得たことで、早ければ今月29日から「DMMドリームクラブ」としてスタートし、HPサイトで一口馬主の募集を開始する。

 10日に北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われたセレクトセールに参加した同社の野本巧取締役(48)は、ディープインパクト産駒の牝馬、ラヴズオンリーミーの2016を1億6000万円で落札。2016年ドバイ・ターフを制したリアルスティールを全兄に持つ良血馬。「リアルスティールの下で、下見もして決めていた。毛づやもピカピカだしね」と、1歳馬の“目玉”を用意できたことを喜んだ。

 同クラブ最大の特徴は、1頭あたり40~500口の募集が多いなかで、最大1万口という画期的なシステム。さらに業界初の試みとして、通常は毎月の維持費などがかかるところを、引退までに必要な経費を概算し、全額前払いとする。本馬の場合は「1口あたり3万円後半から4万円前半」と野本氏は見積もっている。すでに2歳馬と1歳馬を複数頭所有しているという。

最終更新:7/10(月) 22:31
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ