ここから本文です

【ヤクルト】山田、13号「打球がドライブせずいい角度で飛ぶ」

7/11(火) 6:06配信

スポーツ報知

◆巨人3―2ヤクルト(10日・東京ドーム)

 白星が遠い。7月未勝利のヤクルトが、序盤のリードを守れず逆転負け。連敗は1分けを挟んで8に伸び、早くも50敗に達した。

 勝機はあった。チーム同様、打撃成績がセ・リーグ最下位の山田が4回に13号先制2ラン。7月に入って打率2割9分4厘、3本塁打と上向きなトリプルスリー男は「バットの軌道がよくなってるから、打球がドライブせずいい角度で飛ぶ」と自己分析した。

 先発の山中も5回まで緩急を生かし無失点。だが、6回2死一、二塁から、村田と亀井にいずれも初球を打たれてリードを吐き出す。7回には3番手の近藤が、やはり2死から長野に決勝弾を浴びた。

 「山中はあの回だけボールが(真ん中に)集まった。チーム状況がそうさせてしまうのか…。近藤も2死からだしね」と、勝利を意識して詰めを欠いた投手陣に嘆き節の真中監督。それでも「明日も前を向いて戦うだけ」と、球宴前のトンネル脱出へ短く決意を語った。

最終更新:7/11(火) 6:15
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 0:55