ここから本文です

【NBA】ラプターズ、ペイサーズとのトレードでCJ.マイルズ獲得

7/10(月) 13:07配信

ISM

 トロント・ラプターズとインディアナ・ペイサーズが、サイン&トレードで合意。ラプターズがCJ・マイルズ(30)を獲得し、見返りにコリー・ジョセフ(25)を放出した。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』が現地9日に報じている。

 報道によれば、マイルズは3年2,500万ドル(約28億5,000万円)の契約を結ぶ予定で、3年目はプレーヤーオプションとなる。同選手は480万ドル(約5億5,000万円)のプレーヤーオプションを行使せず、FA(フリーエージェント)になっていた。

 マイルズは昨季、平均10.7得点、スリーポイントシュート成功率はキャリアベストの41.3%を記録。NBA12シーズンでの平均は9.8得点となっている。

 ジョセフはラプターズ2年目の昨季、キャリアベストの平均9.3得点、3.3アシストをマーク。キャリア通算成績は平均6.8得点、2.5アシストとなっている。

 なお、ラプターズは9日、今年のドラフトで23位指名したフォワードのOG・エヌノビーとルーキー契約を締結したことを発表。契約は2018-19シーズンまでで、2年延長のチームオプションが付帯されている。

 同球団はそのほか、マルコム・ミラーと契約し、アルフォンソ・マッキニーとも複数年契約を締結。スウィングマンのミラーは昨季、ドイツ・ブンデスリーガのアルバ・ベルリンに所属。フォワードのマッキニーはGリーグのウィンディシティ・ブルズでプレーした。(STATS-AP)

最終更新:7/10(月) 13:07
ISM