ここから本文です

【NBA】C.ボッシュ、マイアミへの感謝綴る「再び夢を見ることを教わった」

7/10(月) 13:07配信

ISM

 現地9日、先ごろマイアミ・ヒートから正式にウェイブ(契約解除)されたクリス・ボッシュ(33)が、球団やマイアミの街への謝意を示した。

 ボッシュは血栓による健康問題により、2016年2月9日を最後に試合へ出場できておらず、今月4日に正式にウェイブされた。ヒートはウェイブと同時に、ボッシュの背番号1を永久欠番とすることも発表している。

 ボッシュは、自身のHP上やヒートの地元紙「マイアミ・ヘラルド」の広告欄一面で、「A LETTER TO MIAMI」とのタイトルで感謝の気持ちなどを示した。

 ボッシュは、「この素晴らしい街で過ごしてきた日々について考えてきた。自分の人生の変動期に、変わらずにい続けてくれたことに感謝したい」「最後の数試合に出場し、何度かの優勝も達成した。(自分自身も含め)いくつかの結婚も見てきたし、4人の子供が生まれた。コミュニティ全体と絆で結ばれ、その道中には沢山の浮き沈みがあった」と、マイアミで過ごした7年間を振り返った。

 ボッシュはまた、「再び夢を見ることを教わった。私はバスケットボールへの感謝の仕方を学び、今ではさらに、自分が経験してきたすべてのことへの感謝の仕方も教えてもらった」「僕らの人生はつねにともにあった。マイアミよ、強くいること、厳しいときにもやり遂げることを、あなたが教えてくれたんだ」と、マイアミへの謝意を綴っている。(STATS-AP)

最終更新:7/10(月) 13:07
ISM