ここから本文です

ハリソン・フォード&ライアン・ゴズリング 新旧『ブレードランナー』共演写真が解禁

7/10(月) 16:00配信

オリコン

 SF 映画史上最高傑作として、公開後35年にわたり語り継がれる『ブレードランナー』(1982年)。その続編となる『ブレードランナー 2049(ニー・ゼロ・ヨン・キュウ)』(10月27日公開)より、前作が日本公開された日にちなんだ「ブレードランナー記念日」のきょう7月10日、“新旧ブレードランナー”ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの共演シーンを収めた場面写真が公開された。

【動画】映画 『ブレードランナー 2049』 予告

 メガホンをとったのは、『プリズナーズ』『ボーダーライン』『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。続編の舞台は、オリジナル作品の舞台2019年から30年後の2049年の世界。前作では、まるで人間とは見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”リック・デッカードをハリソンが演じ、今回新たにライアンがブレードランナー“K”を演じる。

 30年経った続編では、今なお埋まることのない“人間”と“レプリカント”の間の深い溝があり、さらに世界に新たな危機が迫るなか、“K”が30年間行方不明であった何かを知るデッカードを探す所からスタートする。

 解禁された場面写真は、未来の飲食店のような場所で2人のブレードランナーが向き合うシーン。デッカードは“K”に対し今にも殴りかかるかのようなすごみを見せている。

 35年ぶりにブレードランナーを演じたハリソンは「この世界に戻ってこられてうれしい。30年後(のデッカード)を演じるのはすごく面白かったし、昔の服がピッタリだったのもうれしかったよ。時を経て、キャラクターを作り上げていく事はとてもやりがいがある」と前向きな発言。「昔の服」という発言からは、未だ明らかになっていないロングコートでキメるおなじみの“ブレードランナー”の衣装を劇中で披露する可能性を示唆している。

 ライアンは「ハリソン・フォードがセットに居なくても、常にそこに居るかのような存在感を感じたよ。ヴィルヌーヴ監督がチームに向かって時々言うんだ。『ハリソンがそこに座っているとしよう。彼は満足するかな?』って」と、ハリウッドの伝説的俳優の圧倒的な存在感と大役を演じるプレッシャーを吐露。しかし、ハリソンはライアンについて「彼は生まれながらの感情的知性を持っていて、彼と仕事ができるのは喜びだった」と、才能を認めている。

最終更新:7/10(月) 16:00
オリコン