ここから本文です

第4回『ドラマ甲子園』 東京都在住の17歳が大賞受賞

7/10(月) 18:31配信

オリコン

 フジテレビが年1回、全国の高校生から1時間のドラマ脚本を募集し、大賞受賞者自身の演出で映像化する『ドラマ甲子園』第4回受賞作品が決定。10日に授賞式が行われた。大賞に選ばれたのは、東京都在住・栗林由子(ゆうこ)さん(17)の『青い鳥なんて』。主人公の女子高生が学年一の秀才と青い鳥を保護センターに届けに行く夏の終わりの一日の出来事をつづった作品。主人公の「活き活きとしたギャルぶり」など、キャラクター造形が評価された。

【写真】大賞を受賞した栗林由子さんの別カット

 受賞した栗林さんは「初めは、ただその友達に面白がって読んでもらえたら、という気持ちで書いていました。ドラマの脚本を書くということは、舞台とはまた違って自由度も高く、新鮮な体験でした。書くこと自体が本当に面白くて、それだけでもこのドラマ甲子園にお礼を言いたい気分でした」と喜びを語った。

 大賞に選ばれた作品は、執筆者本人の演出で、プロのスタッフがサポートしプロの俳優たちの出演で、テレビドラマとして制作。CS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメで10月放送予定(フジテレビTWOsmartでも配信予定)。

 佳作に、静岡県在住の種村公誠さん(17)の『私のこと』、兵庫県在住の辻元新さん(17)の『線香花火』、埼玉県在住の橋野透弥さん(16)の「違法派遣」の3作品が選ばれた。

最終更新:7/10(月) 18:31
オリコン