ここから本文です

いわきFCと未来創造 市内6団体が共同宣言

7/10(月) 11:10配信

福島民報

 いわき市やいわき商工会議所、いわきFC(福島県社会人サッカーリーグ一部)の運営会社いわきスポーツクラブなど市内6団体は9日、「夢・感動・未来づくり」共同宣言を発表した。クラブが掲げる「スポーツの力でいわき市を東北一の都市にする」の理念に基づき支援協力体制を整えるとともに、8月下旬にも6団体で「スポーツによる人・まちづくり推進協議会」を設立する。

 共同宣言は「私たちは、いわきスポーツクラブ及びいわきFCと共に、本市の次なる50年に向けて、未来を生きる子どもたちの笑顔がキラキラと輝く『夢・感動・未来』にあふれたまちを創っていけるよう、知恵と力を集結し力強く歩んでいく」との内容。市、いわき商工会議所、いわき地区商工会連絡協議会、いわき青年会議所、NPO法人いわきサッカー協会、いわきスポーツクラブが採択した。
 共同宣言は市内のいわきFCパークで行われた調印セレモニーで発表された。小野栄重いわき商工会議所会頭が「いわきを楽しいと思える地域にすることで人口増加や経済発展を目指したい」、清水敏男市長が「一丸となっていわきを盛り上げ、地域活性化を進めたい」、大倉智いわきスポーツクラブ社長が「地域が連携し、ずっとスポーツを続けられるような世界観をつくりたい」とあいさつした。引き続き小野会頭、清水市長、大倉社長、佐藤一美いわき地区商工会連絡協議会長、長谷川純一郎いわき青年会議所理事長、花田邦城いわきサッカー協会長が宣言書にサインした。
 

福島民報社

最終更新:7/10(月) 12:45
福島民報