ここから本文です

「THIS IS 敗因」じゃない。自民・細田博之総務会長「小池ブームが基本」と反論

7/10(月) 10:31配信

産経新聞

 自民党の細田博之総務会長は10日、東京都議選で自民党が大敗した原因として豊田真由子衆院議員ら細田派所属議員の言動が挙げられていることについて「基本は小池(百合子知事)ブームだ」と反論した。松江市内で記者団に語った。

 永田町では都議選について「THIS IS 敗因」という言葉が流行している。「T」は秘書に対する「このハゲェ」発言などで離党した豊田氏、「H」は「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画関連で文部科学省の内部文書に名前があった萩生田光一官房副長官、「I」は失言が続く稲田朋美防衛相、「S」は加計学園からの違法献金疑惑が報じられた下村博文幹事長代行だ。全員が細田派に所属している。

 これについて見解を問われた細田氏は「小池ブームに公明党が共闘したことが基本だ」と分析し、前回と異なり公明党が小池氏が率いる「都民ファーストの会」と選挙協力をしたことが主な原因と指摘した。

 内閣支持率が下落傾向にあることについては細田氏は「いろんなうねり、流れがある。いいことばかりがあるわけではなくて、さまざまな問題点も出てくる」と述べた。その上で「これが続くわけではない。しっかりした外交、経済政策を取れば、また高い評価をいただけると思う」と述べた。

最終更新:7/10(月) 10:34
産経新聞