ここから本文です

KDDI田中孝司社長、一問一答 データ使用量通知サービスを年末には開始

7/10(月) 22:25配信

産経新聞

 KDDI(au)の田中孝司社長は産経新聞のインタビューに応じ、新料金プランの影響などについて語った。(大坪玲央)

 --新料金プランによる減収の見通しは

 「今年度は年度途中からなので200億円程度だ。来年度は1年間フルに適用されてマイナスだが、割引キャンペーンが終了する分はプラスなので、なんとも言えない」

 --KDDIグループの格安スマホ事業者、UQコミュニケーションズへの新プランの影響は

 「お互いに切磋琢磨(せっさたくま)していく。本来はauもUQも両方、契約者が増えるのが望ましい」

 --データ通信量が、契約内容と実際の使用量とで差があることへの対応は

 「auピタットプランの利用者向けに、2ギガバイト、3ギガバイト、5ギガバイトといった目安に達した時点で、ショート・メールで通知するオプションサービスを年末には始めたい」

最終更新:7/10(月) 22:25
産経新聞