ここから本文です

スバル 新型インプレッサが1/43スケールミニカーになって初登場!

7/10(月) 11:20配信

オートックワン

ホビージャパンは、スバル新型インプレッサ G4/SPORTを1/43スケールで精巧に再現し、レジン製完成品モデルカーとして10月に発売する。7月5日より予約開始し、価格は各9200円(消費税抜)。

>>リアルに再現された新型インプレッサ G4/SPORTを写真でチェック!

今回は、スポーツモデルの“2.0i-S EyeSight”をモデル化した。実車は18インチアルミホイール、サイドシルスポイラーを装備している。

オリジナルの魅力を再現する為に、基本車両をデジタルスキャニングし、元実車プロモデラーである社内原型師がスケールに合わせたチューニングを施し原型を製作した。素材にもこだわり、「Dynamic X Solid」を余すことなく再現する為に、加工性の高いポリウレタンレジン素材をボディに採用し、強度と真円性が求められるホイールにはプラスティック製成型品を採用し、ゴムの質感にこだわりタイヤには軟質樹脂を使用している。

複雑なヘッドライト形状や内装、EyeSightなどのディテールも細かく製作。MARK43は、最新技術、職人技、こだわりを融合したコレクションモデルである。

新型インプレッサってどんなクルマ?

5代目となる新型インプレッサは、スバル水平対向エンジン50周年の年である2016年末に新型プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)」をスバルとして初めて採用した。

スバルの新デザイン哲学である「Dynamic × Solid」が量産車では始めて全面採用されており躍動感と塊感にスポーツの要素を加え高次元で融合している。

また、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」をスバル車としては13年ぶりに受賞した。

最終更新:7/10(月) 11:20
オートックワン