ここから本文です

法では他人、だから形が欲しい。広がるLGBTの「結婚式」

7/10(月) 7:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

2015年10月。麻智さん(38)とテレサさん(34)の結婚を祝うため、友人たち約120人が京都市内のホテルに集まった。

【画像】麻智さんとテレサさんは2015年、家族や親しい友人に見守られてオレゴン州で結婚式を挙げた。

2008年に友人の紹介で知り合って7年。「いつか結婚したいね」と話していたレズビアンカップルの2人は、2015年に全米で同性婚が合法化されたのを機に、行動を起こした。同年8月、テレサさんの故郷オレゴン州で挙式を行い、その後に2人が住む京都で披露宴を開くことにした。

「どちらがご結婚されるのですか」

京都での会場探しは、半ば「消去法」で決めた。

あるホテルに2人で打ち合わせに行くと、担当者は顔を合わすなり「どちらがご結婚されるのですか」と聞いた。

見積もりを依頼すると、男女のカップルと同じ基準の予算を示された。「2人ともドレスを着るんだから、もっと高くなるのでは」という言葉を飲み込んだ。

5軒ほど回った中の一つ、ホテルグランヴィア京都には、LGBT(性的マイノリティー)ウエディングの研修を受けたスタッフがいた。フレンドリーかつ誠実な対応に「ここなら大丈夫」と感じ、スムーズに準備を進めることができた。

麻智さんは当時を振り返り、「同性カップルにとって、会場に問い合わせをすることだけでも勇気がいる。自分たちのことを理解してくれる存在がいると本当にありがたい」と語った。

「幸せなはずのウエディングで嫌な思いをしたくない」

2人のパーティーに東京から駆け付けた会社員のmomokaさん(36)も、同じ思いを抱く。彼女はLGBTカップルに結婚式場やフォトスタジオを紹介する取り組みを2011年から続け、これまでに200組以上のウエディングをサポートしてきた。

きっかけは、自分がいつか結婚するときのために、いくつか会場に問い合わせてみたことだった。

「前例がありません……」

「他のお客様の迷惑になるかもしれないから」

理解ある家族や友人に囲まれ、自分がレズビアンであることにそれほど悩まず過ごしてきたmomokaさんは「私たちも客なのに」とショックを受けた。

救いになったのは、数軒目に問い合わせた式場の担当者の一言だった。

「同性同士でももちろん大丈夫ですよ。そんな理由で断るところがあるのですか」

施設ごとの対応の違いを身をもって知ったmomokaさんは、「幸せなはずのウエディングで悲しい思いや嫌な思いをしてほしくない。LGBTが結婚式をできる会場を探していこう」と決めた。

momokaさんは間もなく、自ら刊行したレズビアン向けの情報誌を通じ、ウエディング支援を開始。2014年にはLGBT向け情報サイト「novia novia wedding」を立ち上げた。

1/4ページ