ここから本文です

6月度の全国企業倒産件数706件 製造業としては戦後最大の倒産が発生

7/10(月) 13:30配信

東京商工リサーチ

 2017年(平成29年)6月度の全国企業倒産(負債額1000万円以上)は、件数が706件、負債総額は1兆5883億3900万円だった。
 倒産件数は、前年同月比7.4%減(57件減)で2カ月ぶりに前年同月を下回り、6月としては1990年(516件)以来27年ぶりの低水準になった。金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じていることに加えて、国内景気の緩やかな拡大も影響しているとみられる。

 一方、負債総額は前年同月比1369.7%増(1兆4802億7400万円増)と大幅に増加した。これは、製造業としては戦後最大の倒産となった自動車部品製造のタカタ(株)(負債1兆5024億円)の民事再生法の申請が影響した。月次負債の1兆円超えは、日本振興銀行(株)(負債6805億円)と(株)武富士(同4336億円)の倒産で負債が膨らんだ2010年9月(1兆4180億2500万円)以来、6年9カ月ぶり。
 ただし、タカタ(株)分を除いた月次の負債総額は今年最少の859億3900万円にとどまり、全体では負債1億円未満が548件(構成比77.6%)になり、小規模倒産が中心であることに変わりがない。

(都道府県別や業種別などの詳細分析は「倒産月報」に掲載)

東京商工リサーチ