ここから本文です

マカオ政府、カジノ経営権の再入札も視野…現行コンセッション満期近づく

7/10(月) 20:52配信

マカオ新聞

 世界一のカジノ売上を誇る都市として知られるマカオ。現在、コンセッション(カジノ経営権契約)を結ぶ6陣営がおよそ40のカジノ施設を運営している。

 現行のコンセッションについて、2陣営が2020年3月31日、4陣営が2022年6月26日に満期を迎える予定で、6陣営のコンセッションの延長や新規枠の有無などを含む政府方針の動向に注目が集まっている。

 マカオ政府経済財政庁のライオネル・リョン(梁維特)長官は7月10日午後にマカオ立法会ビルで囲み取材に応じた際、カジノ経営権契約の満期が近づく中、再入札を実施することも視野に入れていることを明らかにした。

 その理由として、昨今、アジアにおける地域間競争が激化しており、現行コンセッション締結時期(2002~2006年)とは事情が大きく変わったことを挙げ、新しい発想や新しい調整を以ってマカオのカジノ産業の健康的で秩序ある発展に導きたい意向があるとした。

 なお、競馬やドッグレースといったカジノ以外のギャンブルについては、近年、満期を迎えても再入札は行われず、既存契約をベースにした延長が続いている。

【資料】マカオのカジノ運営6陣営(締結順)とコンセッション満期日
1. SJM(澳門博彩):2020年3月31日
2. ウィンマカオ(永利澳門):2022年6月26日
3. ギャラクシー(銀河娯楽):2022年6月26日
4. サンズチャイナ(金沙中国)*:2022年6月26日
5. MGMチャイナ(美高梅中国)*:2020年3月31日
6. メルコリゾート(新濠博亜娯楽)*:2022年6月26日
※印はサブコンセッション。サンズチャイナはギャラクシー、MGMチャイナはSJM、メルコリゾートはウィンマカオにそれぞれ紐付く。

最終更新:7/10(月) 20:52
マカオ新聞