ここから本文です

インスタグラマー、ユーチューバー必見!シトロエン 新型C3は走るGoProだ!

7/10(月) 12:06配信

オートックワン

プジョー・シトロエン・ジャポンは、新型シトロエン C3を発表し、7月7日より販売を開始する。

【画像】世界初のシトロエン・コネクテッドカムを搭載した新型C3の写真を見る(48枚)

新型C3のグレードは、フィールとシャインの2タイプで、価格(消費税込)は、それぞれ216万円と239万円となる。なお、デリバリーは9月頃の予定となっている。

2002年以来、全世界で350万台以上を売り上げたシトロエンのベストセラーであるC3が、さらなる飛躍を目指してフルモデルチェンジをした。

シトロエン 新型C3は大胆なデザインを採用した。極めてユニークな造形、そして高く構たフロントエンドと、美しいカーブを描くラインは、生き生きとした佇まいを演出している。

エクステリアカラーは7色を設定し、3色のルーフカラーを自由に組み合わせることができる。このバイトーンに 対応して、フォグランプやドアミラー、Cピラー・グラフィックやエアバンプがコーディネートされている。

ボディサイドに配置されたエアバンプ(Airbump)は、C4 カクタスで最初に採用されたもので、エア封入の軟素材がキズを防ぐというもの。機能性の面だけでなく、シトロエンのひとつのデザイン・シグネチャーという側面も合わせ持っている。なお、前端のバンプにはカラーアクセントがあり、ボディカラーによって赤と白を使い分けている。

内装は広々としており、モノトーン基調とレッドのアクセント入りの2種類が用意されている。新型C3のインテリアは落ち着きのあるデザインと、オプションのパノラミックサンルーフから降り注ぐ光や使いやすい小物入れ、ゆったりとしたスペースが心地良い空間を作り出している。

内装のデザインは家具や旅行といったキーワードからインスピレーションを得ており、C3に乗っている間は、家で寛いでいるように感じられるだろう。

さらに新型C3には、世界初の「シトロエン・コネクテッドカム」が装備された。フロントウインドウに取り付けられたHDカメラは、車両前方の風景を写真やムービーとして記録し、スマートフォンを使ってソーシャルメディアなどに投稿することができる。

また安全装備としてバックカメラ、車線逸脱警告、ブラインドスポットモニターなどの先進機能も備えている。

パワートレインは、1.2リッター”PureTech”(ピュアテック)3気筒ターボエンジンと、6速オートマチックトランスミッション(EAT6)を組み合わせた。

なお、新型C3の発売に合わせ、特別モデル「C3 シャイン デビュー エディション」が限定販売される。

16インチタイヤ&ホイールの他モデルに対し、デビューエディションでは17インチタイヤ&ホイールを装備。ボディカラーは共にバイトーンルーフ仕様の3色を設定した。

価格(消費税込)は226万円で、200台限定となる。

最終更新:7/10(月) 12:06
オートックワン