ここから本文です

手稲山登山499回目の88歳男性か 遺体を発見 札幌、5月に不明に

7/10(月) 10:45配信

北海道新聞

登山ルートから外れた川岸

 9日正午ごろ、札幌市西区の手稲山(1023メートル)の山林で、登山客の男性が男性の遺体を発見したと札幌西署に通報した。

<動画>川で溺れ高校生重体 札幌・琴似発寒川

 同署によると、遺体は登山ルートから外れた永峰沢川の川岸で見つかった。手稲山では5月23日に入山した北広島市北進町4、伊野昌司さん(88)が登山中に行方不明になっており、同署は遺体は伊野さんの可能性があるとみて身元の確認を急いでいる。

500回の記念登山を予定

 伊野さんは節目の登頂500回を目前にした499回目の登山だった。5月23日早朝に自宅を出発した。同日午前、標高800メートル付近を1人で登る姿が知人に目撃されて以降、連絡が取れなくなっていた。
 所属する登山サークルは、伊野さんと登頂500回の記念登山を行う予定だった。

北海道新聞

最終更新:7/24(月) 19:40
北海道新聞