ここから本文です

ちびっこ街中を疾走 伊那ぎおん祭で駅伝

7/10(月) 8:00配信

長野日報

 伊那市に夏祭りの始まりを告げる「伊那ぎおん祭」が9日、中心市街地であった。JR伊那市駅前のいなっせから伊那北駅前までの県道を歩行者天国にして多彩な催しが行われ、呼び物の「ちびっこ駅伝大会」では、園児たちが元気いっぱいに商店街を駆け抜けた。

 駅伝大会には、市内保育園から44チーム・427人が出場した。いなっせ前から八幡町までを8区間に分け、1人が約60メートルを走って次走の園児に”タッチ”リレーした。5レースを行い、園児が駆けるたびに沿道から「頑張れ」と大きな声援が飛んだ。

 アンカーを務め、チームを優勝に導いた竜南保育園年長の園児は、表彰式で金メダルをかけてもらってうれしそう。「走るのが大好き。(金メダルは)大事にする」と話していた。

 商店主らでつくる「伊那まち再生やるじゃん会」の商店街イベント委員会が、中心市街地の活性化に向けて毎年開いている。商店街ではボールすくいやザリガニ釣り、輪投げゲームなどが行われた。

最終更新:7/10(月) 8:00
長野日報