ここから本文です

再開後4分30秒で決着、クエリーがツォンガを下す [ウィンブルドン]

7/10(月) 9:00配信

THE TENNIS DAILY

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(7月3~16日/グラスコート)の男子シングルス3回戦。

地元の寵児ツォンガが1回戦敗退「苛立ちはない、ただ悲しい」 [全仏オープン]

 第5セット途中で日没順延となっていた第12シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)と第24シードのサム・クエリー(アメリカ)の試合は、6-2 3-6 7-6(5) 1-6 7-5でクエリーがツォンガを倒し、昨年に続きベスト16入りを決めた。

 この試合は、第5セット第12ゲーム、クエリーが6-5リードというところから再開された。第12ゲームはツォンガのサービスゲームで、クエリーがブレークに成功して試合を制した。このラスト1ゲームに要した時間は約4分30秒だった。

「素晴らしい試合だったけど、なんか拍子抜けしたよ。後味の悪い試合だった。ツォンガもわかってくれると思うけど」とクエリーはコメントした。

 クエリーは、2006年に初めてグランドスラム大会に出場して以来、初の2年連続グランドスラム大会ベスト16入りを果たした。クエリーは昨年のウィンブルドンでディフェンディング・チャンピオンのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を3回戦で倒し、最終的にベスト8入りを果たした。

 金曜日に行われたこの試合は、クエリーとツォンガの両者同意のもと第5セット第11ゲームが終了し、クエリーから6-5リードの時点で日没順延となった。クエリーは、翌日の試合再開直後のツォンガのサービスゲームは、自分に有利に働くということはわかっていた。

「僕はリラックスしていつものようにリターンする位置に立って、余裕を持ってプレーすることができた。僕のリターンから試合が再開されたので、気持ちに余裕があったのがよかったのだと思う」とクエリーは試合を振り返った。

 クエリーは4回戦でビッグサーバーのケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。

「あの状況でサービスゲームをキープすることは簡単なことじゃないよ」とツォンガは言った。

 ツォンガのサービスゲームから再開された第12ゲームでは、まず時速207kmのサービス・ウィナーから始まり、ツォンガが15-0とした。次にツォンガはダブルフォールトをおかして15-15。この次のポイントではクエリーのバックハンドのダウン・ザ・ラインのパッシングショットが決まり、ツォンガから15-30となった。

 続いて、クエリーがバックハンドの凡ミスをおかして30-30。そして、クエリーがフォアハンドの凡ミスをおかしてツォンガが40-30とゲームポイントを握った。しかし、またもクエリーのバックハンドのダウン・ザ・ラインへのパッシングショットが決まり40-40へ。そして、次はクエリーのバックハンド・クロスが決まってマッチポイントを握った。最後は、ツォンガがフォアハンドのミスをおかしてクエリーの勝利が決まった。

「彼のいいショットが、3本か4本決まって、それで終わりだよ」と2008年全豪準優勝者のツォンガは言った。

 2014年のウィンブルドン2回戦でも両者は対戦しており、そのときも第5セット9-9の時点で日没順延となった。そして、その試合は再開後、第5セットを14-12でツォンガが奪って試合を制している。

 この試合のトータルポイント獲得数では、ツォンガの152ポイントに対し、クエリーが146ポイントで、ツォンガのほうが多くポイントを獲得している。ウィナー数では、ツォンガの52本に対し、クエリーが54本。凡ミスは、両者ともに29本だった。サービスブレークの回数も両者ともに3回。つまり試合を決めたのは、やはり第5セット第12ゲームのクエリーのプレーが、ツォンガより勝っていたということになる。

「この試合開始前に20分間もウォームアップをやったから、試合自体にかかった時間は短かったけど、今日はもう十分だよ。練習はしないよ」とクエリーは試合後にコメントした。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 07: Jo-Wilfried Tsonga of France and Sam Querrey of The United States look on as play is suspended during the Gentlemen's Singles third round match against on day five of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 7, 2017 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7/10(月) 9:00
THE TENNIS DAILY