ここから本文です

福島市37.7℃ 北日本中心に今後も暑い 高温に関する情報

7/10(月) 14:18配信

ウェザーマップ

 きょう10日は、朝からよく晴れた東北や関東で内陸を中心に猛烈な暑さに見舞われた。午後2時半までの最高気温は、福島市で今年全国最高となる37.7℃、福島県会津若松市で36.8℃、山形県東置賜郡高畠町と群馬県館林市で36.7℃、福島県石川郡石川町36.6℃、秋田県仙北市角館町36.5℃など、各地で厳しい暑さとなっている。

 東京都心でも32℃を超える暑さとなっているが、東北や関東の暑さは、あす11日にかけても続く予想だ。福島市など東北南部は12日(水)に天気が崩れて一時的に気温が下がるものの、その後は再び35℃前後の猛烈な暑さが続く見込み。特に、15日(土)からの1週間ほどはかなり高くなるとして、気象庁は北海道や東北、北陸に「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表して、農作物の管理だけでなく、熱中症など健康管理にも注意するよう呼びかけている。

 暑さが連続するとみられる北日本を中心に、屋外での活動等は意識的に水分や日陰を十分に確保するよう心掛けたい。なお、1週間以内に高温が予想される場合には「高温に関する気象情報」を、翌日あるいは当日に高温が予想される場合には「高温注意情報」が発表される。

最終更新:7/10(月) 14:55
ウェザーマップ