ここから本文です

長寿命! ベンキュー、4KのDLPプロジェクターHT9050発売。80万円

7/10(月) 20:28配信

Stereo Sound ONLINE

XPR高速スイッチング技術で4K映像を作り出す

 BenQ(ベンキュー)から、ホームシアター用の4Kプロジェクターの新製品としてDLPモデルの「HT9050」が7月14日より発売される。価格はオープンで想定市場価格は80万円前後。

長寿命! ベンキュー、4KのDLPプロジェクターHT9050発売。80万円

 HT9050は、TI(テキサスインスツルメンツ)社の高密度なDMD素子を使ったDLPプロジェクター。素子自体の画素数はおよそ415万(2716×1528)だが、これを同社のXPR高速スイッチング技術を活用することで、4K解像度となる830万画素の映像を実現している。

 光源はLEDで、各色の純度を高めつつ明るさを確保。結果、輝度は2200ルーメンと明るく、光源の寿命も約2万時間と、ほぼメンテナンスフリーだと言える。

 色域については、デジタルシネマの色域であるDCI-P3規格に対応。HDTVのRec.709規格よりも広範な色域を再現可能としている。

 推奨の画面サイズは95~300型で、レンズズームは1.5倍。100インチ(16:9)投写時の距離は約3.0m~4.5mとなる。

 なお、対応する入力信号は4K/60pのSDR(HDMI入力1)までで、HDRには非対応。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:7/10(月) 20:35
Stereo Sound ONLINE