ここから本文です

ハム松本、“強肩”ビッグプレーも…ワンバンに西川は「ダッサい終わり方」!?

7/10(月) 7:30配信

Full-Count

ソフトB柳田を刺す好返球、ポイントは…「ラインが一番大事」

 日本ハムの松本剛内野手が9日、好守でチームを救った。5連敗で迎えた本拠地でのソフトバンク戦。0-0で迎えた4回無死三塁でタッチアップの三走・高田を本塁で刺した。

【動画】先制を阻止した松本の正確無比な送球

 流れを変えるビッグプレーだった。柳田が放ったライナーを前進して捕球すると、体全体を使って最後は倒れ込みながら本塁へ送球。「ノーバウンドのつもりだったんですけど、市川さんがうまく捕ってくれました。西川さんには“ダッサい終わり方だな”と突っ込まれて」。満面の笑みで札幌ドームの大歓声に応えた。

 捕殺のイメージはしっかりできていた。コリジョンルールが導入され、送球で重要視しているのはライン取りだという。「球の強さはもちろんだけど、少しでも逸れると難しい。ラインが一番大事だと思っているので、ラインを外さなかったことが良かったです」。送球はワンバウンドになったが、ベース上にきっちり投げきったことで仕留めることができた。
 
 先発した同期入団の上沢からは「同期最高っすね!」と感謝された。「あの場面で誰のためにとは思わないですけど、素晴らしい球を投げていたので、飛んできたら絶対に刺してやろうと思っていました」と笑った松本。上沢が今季初勝利を挙げた2日のロッテ戦でも本塁打で援護していた。

 プロ6年目の今季は、交流戦で打率.396をマークして日本生命賞を受賞するなど打撃でブレイク中。外野守備でも存在感を示し、レギュラー取りへまた一歩前進した。

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

最終更新:7/10(月) 16:20
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 11:10