ここから本文です

気になる2017年上半期流行語

7/10(月) 6:40配信

ニッポン放送「しゃベル」

7月4日(火)のニッポン放送「あなたとハッピー」では、『新語・流行語大賞』の選考委員を務めるやくみつるを迎え、「見出し」で踊った言葉たちを通して2017年上半期を振り返った。

上半期は、様々な言葉が世の中で話題になった。

例えば・・・

「忖度」
~森友学園から始まりあらゆるメディアで使われた。

「印象操作」
~安倍総理が答弁で、よく使用した。

「このハゲー!」
~豊田真由子衆議院議員の秘書への暴言。


・・・などなど。
今年は政界を中心に個性的な言葉が多いと言うやくみつる。

そんなやくみつるが、特に気になった言葉は「ヒアリ」。

中国から来たコンテナに混入していた外来種のアリで、噛まれると火傷したような痛みを感じてしまう。

昆虫好きのやくみつるは、ヒアリがきたことで、在来種の赤蟻などが、「ヒアリなのでは?」と疑いをかけられることを心配しているとのこと。

ニッポン放送