ここから本文です

高校再編 新川地区意見交換会/富山

7/10(月) 13:20配信

チューリップテレビ

 県立高校の再編を検討している県教育委員会は、9日新川地区の住民との意見交換会を開きました。

 県内の各地区で順に開かれている意見交換会は、新川地区が4か所目で、県教育委員会の渋谷教育長は「将来、子どもたちに多様な選択肢を残すために、再編はやむを得ない」と理解を求めました。
 高校再編をめぐっては、県教育委員会が『1学年3学級以下』、『生徒数が160人未満』の小規模校などを再編の検討対象とする基準をまとめていて、新川地区では、泊高校と入善高校が該当します。
 9日意見を述べた11人のうち再編を支持したのは3人、反対したのは8人で、「地域の活性化のためには高校の存在が不可欠」という意見や「一定の規模がないと、子どもたちが授業や部活動などで学びたいことを自由に選べない」といった賛否の意見が出されました。
 10日は砺波地区で開かれます。

チューリップテレビ