ここから本文です

味の素が賞味期限「年月表示」拡大へ。19年度までに全品切り替え

7/10(月) 18:40配信

ニュースイッチ

8月から「クノールカップスープ」など73品。フードロス削減狙う

 味の素は家庭向け調味料や加工食品分野で、賞味期限を「年月表示」に変更する取り組みを拡大する。先行して総菜中華の素3品で実施しているが、8月から「クノールカップスープ」「鍋キューブ」を含む73品の賞味期限表示を、年月日から年月に変更。賞味期間もこれにあわせて延長する。今後も残る約90品を対象に年月表示への変更を進め、2019年度までに全品を年月表示に切り替える計画だ。

 食べられるのに廃棄されているフードロスは農水省などの調べによると年間で約621万トンに達しており、削減が社会的テーマになっている。味の素は農林水産省の「食品ロス削減のための商習慣検討ワーキングチーム」に12年から参加。製・配・販連携の削減に取り組み、17年2月に「ふんわりかに玉の素」などの3品で、賞味期限の年月表示を実施した。

 食品業界では賞味期限の3分の1までを小売店への納品期限、次の3分の1までを消費者への販売期限とする“3分の1ルール”が商習慣になっており、これを過ぎると返品や廃棄される。

 消費者の鮮度志向を背景にした動きだが、食品メーカーは返品の引き取り負担が重くなっているほか、トラックドライバーや倉庫作業者の人手不足問題からも、この改善が求められている。年月表示への変更により廃棄ロスの削減に加え、店舗や倉庫での管理ロット数や保管スペースも減らせ、オペレーションも簡素化できる。

最終更新:7/10(月) 18:40
ニュースイッチ