ここから本文です

YouTuberジョー、亀田家三男・和毅とスパーリングでフラフラ 興毅氏「このくらいでかんべんしたる」

7/10(月) 15:52配信

AbemaTIMES

 3カ月でボクシングのプロテスト合格を目指す人気YouTuberのジョーが、早くプロの壁を痛感した。7月9日にAbemaTV(アベマTV)で放送された「亀田×ジョー プロボクサーへの道~3ヶ月でデビュー戦~」内で、ジョーは練習初日に亀田家三男で元世界王者の亀田和毅とスパーリング。スタミナ切れから、わずかに当たったかのように見えた和毅のパンチで、リングの上に転がり込むなど、フラフラになった。

 いきなりの洗礼だ。トレーナーを務める3階級制覇の元世界チャンピオン・亀田興毅氏が、初めて担当するアマチュアボクサーにプロを体験するために選んだのが、弟の和毅だった。試合直前でスパーリングをこなしていた和毅の登場に、ジョーも「おかしいでしょ…。あかん、あかん!」と困惑。急遽2ラウンドのスパーリングに臨むと、徐々にフットワークが衰えた。

 ジョーの精神面の課題も露呈した。和毅のパンチがわずかにボディーに当たると、リング上にゴロリ。これを興毅氏は見逃さず「おいジョー、今の当たってないだろ。休憩しにいったな。それはあかんぞ!」と檄を飛ばした。その後も、リング上で叫ぶジョーに「リングの上でしゃべるな!」と、厳しい声が飛んだ。ようやく2ラウンドを終えると興毅氏は「もうええわ。今日はこのくらいでかんべんしたる」と言い放った。

 練習を始めたばかりのアマチュアボクサーが、元世界王者とスパーリングをするのは異例中の異例。3カ月という限られた時間でジョーをプロにするために、亀田流の指導が早くも始まった。

最終更新:7/10(月) 15:52
AbemaTIMES