ここから本文です

クズネツォワがラドバンスカを下して10年ぶりの8強 [ウィンブルドン]

7/10(月) 21:25配信

THE TENNIS DAILY

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3~16日/グラスコート)の女子シングルス4回戦で、第7シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)が第9シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)を6-2 6-4で破り、10年ぶりのベスト8進出を決めた。試合時間は1時間29分。

ウィンブルドンのコート改善は可能か、「氷のよう」と言った選手も

 ウィンブルドンに4年連続14回目の出場となるクズネツォワは、自己最高に並ぶ4度目の8強入り。昨年は4回戦で、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に5-7 0-6で敗れていた。

 この結果でクズネツォワは、ラドバンスカとの対戦成績を14勝4敗とした。前回の対戦は昨年10月のWTAツアー最終戦(シンガポール/室内ハードコート)のラウンドロビンで、クズネツォワが7-5 1-6 7-5で勝っていた。

 クズネツォワは準々決勝で、第1シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)と第14シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 10: Svetlana Kuznetsova of Russia plays a forehand during the Ladies Singles fourth round match against Agnieszka Radwanska of Poland on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 10, 2017 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7/10(月) 21:25
THE TENNIS DAILY