ここから本文です

動画:「コスプレ」で狙う地方活性化、300人が秩父に集結

7/10(月) 15:01配信

AFPBB News

【7月10日 AFPBB News】大きなスーツケースや小道具がのぞくリュックサックを抱えた若者たちで、西武秩父線の車両はにぎわっていた。都会の日常から遠ざかりながら、互いの写真を見せ合い、和気あいあいと談笑する彼らが向かうのは、埼玉県秩父郡横瀬(Yokoze)町だ。

 6月下旬、人口約8500人のこの町で、300人を超える参加者が集まるコスプレイベントが開かれた。最寄りの芦ヶ久保(Ashigakubo)駅でぞろぞろと下車した人だかりは、メインの会場である廃校舎「旧芦ヶ久保小学校(Former Ashigakubo Elementary School)」へと連なっている。校舎内で持参した衣装に着替えてメークし、アニメや漫画などのキャラクターに変身すると、撮影会の始まりだ。

■廃校舎や自然と一緒に「コスプレ撮影」

 イベントは2015年6月から始まり、今回が7回目。当初は、横瀬町観光・産業振興協会などが主導したが、現在は民間の撮影スタジオ「ブーティ(Booty)」が主催。今も横瀬町振興課や地元住民などの協力を得ながら、初夏、秋、冬と年に3回イベントを開いている。今回は、廃校舎の他、アジサイが咲く「農村公園(Noson Park)」や地元のレジャー施設「小松沢レジャー農園(Komatsuzawa Leisure No-en)」などで撮影が行われた。

 コスプレーヤー(cosplayer)たちは、季節や場所に合わせてキャラクターを設定し、イベントに訪れる。ブーティの担当者、布施圭祐(Keisuke Fuse)さんは、「スタジオでは作り込んだ作品の撮影が多いが、外だと自然との撮影ができる。季節の花をきっかけに、他のコスプレーヤーと一緒に撮影するなど、交流も楽しめる」と話す。

 また、コスプレ姿のまま、近隣の協力店での買い物や食事を楽しめるのもイベントの醍醐味(だいごみ)。普段は限られた場所でコスプレを楽しむ参加者にとって、衣装のまま地域観光も楽しめる点が魅力だという。

 受け入れ側の地元施設からも喜びの声が上がる。昨年から協力を始めた道の駅「果樹公園あしがくぼ」の常木孝宏(Takahiro Tsunegi)さん(32)は、「たくさんコスプレーヤーの方が来て、食事をしてくれて、好評だった。他のお客さんもコスプレを見て珍しがるわけでもなく、割となじんでいる」と話す。

 横瀬町振興課の小泉博(Hiroshi Koizumi)さんは「最初はびっくりされていたと思うが、若い人が来てくれるのでいいねという反応が大半」と町の反応を捉える。

■「アニメ」が新たな観光資源に

 町では開催当初から徐々に受け入れ体制を作ってきた。初めは町管轄の廃校舎のみを活用し、その状況をみて、道の駅の河原などでも撮影を許可するなど、少しずつ町民の目に触れる形で開催場所を広げ、住民の協力を仰いできたのだという。「コスプレーヤーの皆さんのマナーもしっかりしているので、今後イベントを増やしていくにあたり、安心感もある」と小泉さん。

 2015年放送「心が叫びたがっているんだ。(The Anthem of the Heart)」などの秩父市を舞台にした人気アニメに、横瀬駅や大慈寺(Daiji Temple)など、町の風景が多く登場することから、横瀬町はもともとアニメファンがゆかりある場所を訪れる「聖地巡礼(Pop-culture tourism)」の場所としても知られている。そのため、イベント以外でも衣装を着た人を見かけることも多く、町の人にとってもコスプレは見慣れた光景となりつつある。

■コスプレ客に特化した民宿も

 こうしたコスプレーヤーたちの需要を見込み、いち早く新たな客層として取り込んだのは、家族経営の民宿「自然郷東沢(Shizengo Higashizawa)」だ。女将の赤岩泰代(Yasuyo Akaiwa)さん(46)は、8年前から旅行会社の提案をきっかけにコスプレーヤーを受け入れてきた。

 民宿が所有する私有地には、岩や沢、池など自然あふれる撮影スポットがある。この日、手作りの衣装で、映画「もののけ姫(Princess Mononoke)」のサンの姿に扮(ふん)し撮影した砂糖味(Sato-aji)さん(仮名、22)は「サンをやるにあたって、自然の中で撮影したかった。山や川で撮影できるところは少ない」と笑顔。いろりを囲んで味わう田舎の料理にも「ご飯が豪華」と満足げだ。

 以前は札所参りや温泉などを訪れる高齢の宿泊客が多かったが、今では20~40代の客がほとんどだ。何よりうれしい変化は、お客さんが「自然を愛してくれること」だと赤岩さん。敷地内の自然を手入れすればするだけ、ツイッター(Twitter)などのSNSで反応が返ってくる。スタッフ全員で、池にかける橋を作ったりと「私たちも頑張ってきれいにしよう、今度は何を植えようかと考え、スタジオを作るように楽しんでいる」と運営のやりがいにもつながっているようだ。

 コスプレーヤーを受け入れるようになって自身の髪の毛を染めたという赤岩さんも、若者たちと接する中で「気持ちが若くいられる」と笑う。「広く浅く受け入れるよりも、特徴を生かしたやり方をやれば、面白い町になるのでは」

■鍵はコミュニティーの団結力

 開催ごとにイベントの参加者が増える理由を、「町の雰囲気がいいから」だとブーティの布施さんは分析する。「横瀬町の方たちは、民宿の東沢さんを含め、いい人が多い。僕らが提案しなくても、町の人から前のめりで関わってくれる」のだという。

 イベントのバスの運行に協力する「小松沢レジャー農園」では、すでに次回に向けて、運行ルートや時間帯の提案が行われている。「最初は右も左も分からなかった。秩父全体が閑散とする時期などに、コスプレのようなイベントを立ち上げてもらい、たくさんの人が訪れてくれるのは有り難い。地元の横瀬町も非常に潤う」と町田裕(Hiroshi Machida)さん(39)は積極的に協力する理由を明かす。

 横瀬町では、毎年町民体育祭などを行っている経緯もあり、コミュニティーがまとまっているのが強みだ。「町でやる事業については皆さん協力的。人口減少もあるし、頑張っていかなくてはという危機感も持ってやっている」と振興課の小泉さんは言う。

 そうした町の思いは、コスプレーヤーにも受け止められ、リピーターも多い。なかには月に2回民宿を訪れる人も。愛知県から今回初めて横瀬町を訪れた重い政治(へび)(Heavy government)さん(仮名、21)は、この他にもアニメの聖地などを訪れ、地元の人たちとのコミュニケーションを楽しんでいる。「この地で体験したことを、周りのアニメファンたちにも話したい。訪れた地域が発展してくれるのは自分もうれしい」

 常連客も増え、「おかえり」と出迎えるようになったと、赤岩さんはコスプレーヤーたちとの交流をうれしそうに語る。「大きな家族みたいで、楽しんでいます」(c)AFPBB News/Hiromi Tanoue

最終更新:8/30(水) 10:54
AFPBB News