ここから本文です

恩師も驚嘆する探究心 173cmでHR量産する吉田正尚、驚異長打力のルーツ

7/10(月) 10:06配信

Full-Count

復帰戦で2安打2打点、さらなる飛躍期待される23歳

 昨シーズン、オリックスの新人選手で31年ぶりとなる2桁10本塁打を放った吉田正尚外野手。腰椎椎間板症で出場は63試合にとどまったが、シーズン終盤に本塁打を量産。オフには台湾で行われていたアジア・ウインターリーグに参加し、打率、安打、本塁打の3冠で最優秀打者に選出。持ち味のフルスイングでファンを魅了した。

【動画】復帰戦でタイムリーを放つ吉田正尚

 今季は腰痛の再発で開幕1軍を逃したが、今月9日に1軍に初合流すると同日のロッテ戦でいきなり2安打2打点と活躍した。今後、さらなる飛躍が期待される23歳の若き大砲はどのような思いを秘めてバットを振り続けているのか――。プロ人生にかける思いや、フルスイングの秘密などを聞いた。

 3歳上の兄の影響で幼少期からバットを持って遊んでいたという吉田。野球を始めた小学校1年生の時からすでに遠くに飛ばすことを1番に考えていたという。

「ボールを遠くに飛ばすのが楽しかったです。父に頼んで連れて行ってもらったバッティングセンターに、オレンジ色の線と白い色の線があって、白い線まではなかなか飛ばせなかった。その線を越えた時は、本当に嬉しかったですね。今でもよく覚えています」

 子どもの頃の練習相手は父親だったと吉田は回想する。

「『ボールを投げて』と頼んで、ティーバッティングも付き合ってもらっていました。がみがみ言うこともなく、一緒に練習してくれましたね」

 豪快なスイングは福井県の強豪、敦賀気比高時代から目を見張るものがあった。当時、青学大のスカウトを担当していた小野平氏の目に留まり、東都の伝統校に進学。プロ入りを目指していた吉田は、重いバットや長いバットなど、さまざまな種類のバットを使って練習していたという。さらにはバランスボールの上に乗ってスイングをするなど、独自の練習方法を取り入れ、その探究心は青学大の善波厚司監督を驚かせた。

「当時は東都を代表するバッターになって、プロに行きたいと思っていました。練習方法はインターネットで調べていましたね。動画を見て、いいと思ったら試していました。今は、調べれば簡単にいろいろな情報が出てきますから」

1/2ページ

最終更新:7/10(月) 10:21
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ