ここから本文です

ヤクルト、引き分け挟み泥沼8連敗 山田が先制2ランも…痛恨の逆転負け

7/10(月) 20:19配信

Full-Count

リード守れず追加点もなし、7回に近藤が長野に勝ち越し弾浴びる

 ヤクルトは10日、敵地での巨人戦に2-3で敗れ、引き分けを挟んで8連敗となった。4回に山田の2ランで先制するも、投手陣がリードを守れず。打線も追加点を奪うことができずに逆転を許し、長いトンネルから脱出することはできなかった。

 序盤は巨人田口、ヤクルト山中の両先発投手が好投。巨人は3回に2死一、二塁のチャンスを作るも、立岡が一邪飛に倒れた。

 すると、ヤクルトは直後の4回に荒木の四球、上田のバントで1死二塁の好機を作る。ここで山田が2ラン。主砲の一発で先制に成功した。

 山中は4、5回も無失点。しかし、6回につかまる。2死から坂本勇のヒット、阿部の四球で一、二塁とすると、村田にタイムリーを浴びて1点差。続く亀井には同点打を許した。

 なおも一、三塁のピンチでだったが、ここで登板した石山が中井を三ゴロに仕留め、同点で切り抜ける。だが、7回から登板した近藤が、2死から長野へレフトへのソロを浴び、勝ち越しを許した。

 打線は山田の先制弾の後には8回まで田口に抑え込まれ、9回はカミネロに封じられて敗戦。前日9日の引き分けに続き、この日も勝利をつかむことができず、泥沼の8連敗となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/10(月) 20:19
Full-Count

スポーツナビ 野球情報