ここから本文です

『六本木アートナイト』メイン作家は蜷川実花 テーマは「未来ノマツリ」

7/10(月) 20:03配信

CINRA.NET

9月30日と10月1日に東京・六本木で開催されるアートイベント『六本木アートナイト2017』の詳細が発表された。

【もっと写真を見る】

2009年から開催されている『六本木アートナイト』。今年は「未来ノマツリ」をテーマに据え、メインプログラムのアーティストには写真家の蜷川実花が起用された。蜷川実花はテーマと関連した複数のインスタレーションを六本木ヒルズアリーナなどで展開する予定だ。

さらに初の試みとして、東南アジアのアーティストや東南アジアにゆかりのある日本人アーティストを招聘して作品を制作・発表するプロジェクト「東南アジア・プロジェクト」が始動。「祭」をテーマに地域のコミュニティーと協働して制作に取り組み、『六本木アートナイト2017』の当日に作品を発表する。参加アーティストには国立奥多摩美術館、タイのナウィン・ラワンチャイクン、フィリピンのNeo Angono Artist Collectiveが名を連ねている。

また今回の発表とあわせてメインビジュアルが公開。ビジュアルはgroovisionsが手掛けた。

CINRA.NET

最終更新:7/10(月) 20:03
CINRA.NET